フィルター

歌川貞秀

歌川貞秀

文化4年(1807)生、明治12年(1879)没
初代歌川国貞の門人。国貞が本所柳島妙見堂境内に建立した「初代豊国先生瘞筆之記」碑背面には11名の国貞門下の名が刻まれているが、貞秀はわずか数え22歳で4番目に位置しており、若い頃から将来を嘱望されていたようである。
天保年間後半からは、「日本八景づくし」や「大江戸十景」など風景画に遠近法を駆使した、見事な鳥瞰図を数多く描いている。
北海道から九州まで自ら歩いて、鳥瞰図を描き、「空飛ぶ絵師」とも言われる。
慶応3年のパリ万博出展の際には、歌川好宗とともに浮世絵師の総代を勤めた。
明治元年の浮世絵師番付においては、貞秀は、第一位を獲得しており、当時最も高名な絵師であった。
横浜絵も描いたが、精密な描写と画面構成が高く評価されている。
無題(皇女和宮の降嫁行列の図)
¥38,000 

無題(皇女和宮の降嫁行列の図)

歌川(五雲亭)貞秀

歌川(五雲亭)貞秀 文久2年 見事な鳥瞰図で、空飛ぶ絵師とも言われる歌川貞秀の、珍しい女行列の絵である。これは、皇女和宮が、十四代将軍家茂に降嫁した時の様子を描いたものだが、当時は徳川家に関係する大名行列などを描くことは御法度であったため、ここでは女性だけの行列という架空な絵で、浮世絵発行の許...

詳細を見る
¥38,000 
手ちぎり越前和紙 ワイド版ポストカード14
¥300 

手ちぎり越前和紙 ワイド版ポストカード14

Cool Art Tokyo

浅井コレクションの歌舞伎絵・江戸絵・明治期それぞれの浮世絵のワイド版ポストカードです。手ちぎりの越前和紙に超高精細印刷を施し、和紙に近い特別な手触りの逸品に仕上げました。全24種類ご用意いたしました。 歌川貞秀 《東都新吉原全盛桜図》

¥300