フィルター

歌川国芳

歌川国芳

寛政9年(1798年)生、文久元年(1861年)没
画号には一勇斎国芳などがあり、同時代の初代広重、初代国貞と並んで、江戸時代末期を代表する浮世絵師である。歌川豊国の門下。弟子には双璧と言われる月岡芳年、落合芳幾のほか、歌川芳虎、歌川芳員、楊洲周延など多士済々である。河鍋暁斎も一時期門人であった。
画風は、豪快にして奇想天外、想像の斜め上を行くスタイルで、現代で最も人気がある絵師の一人である。浮世絵は、3枚続きであっても、一枚でも成り立つ絵にするのが慣例であったが、国芳はこれを無視した奇抜な構図の絵を描いた。
「武者絵の国芳」とも言われ、当時、歴史絵でも人気を博した。
反骨精神にも溢れ、しばしば幕政や世情を風刺する絵を描いたため、役人に呼び出され、詰問されたこともあったが、うまく言い逃れていたという。
「相馬の古内裏」や「源頼光公館土蜘作妖怪図」などが有名である。

源頼光公館土蜘作妖怪図
¥200,000 

源頼光公館土蜘作妖怪図

歌川国芳

日本が誇る奇想の絵師、国芳の代表作のひとつ。源頼光が配下の四天王と共に土蜘蛛を退治した時の絵に見せかけて、時勢を風刺している。時は水野忠邦による天保の改革時で、将軍家慶と忠邦を頼光と四天王になぞらえて、幕府の厳しい緊縮政策に苦しむ民衆をユーモラスな妖怪たちで表している。国芳はしばしば幕府から苦...

詳細を見る
¥200,000 
相馬の古内裏
¥38,000 

相馬の古内裏

歌川国芳

歌川国芳文化年間 千葉県柏市 歌川国芳の代表作のひとつである。滝夜叉姫は、もとは五月姫といって、反乱を起こして討たれた平安時代中期の武将、平将門の娘。父の敗死後、怨念をつのらせて妖術使いとなり、下総国で反乱を起こし、大宅光圀と山城三成に鎮圧されたという、山東京伝の小説「善知鳥安方忠義傳」により...

詳細を見る
¥38,000