フィルター

初代歌川国貞(三代歌川豊国)

初代歌川国貞(三代歌川豊国)

天明6年(1786)生、元治元年(1864)没
初代歌川豊国の門人。江戸末期の浮世絵界の大御所であり、国芳、初代広重と並んで、同時代の三大絵師と言われた。五渡亭、一陽斎とも号した。
新しい時代の美人画、役者絵を描いて人気絵師となり、「大当狂言之内」シリーズをはじめとする役者絵は、師を超えたとも言われた。面長猪首型の美人画が特徴。
歌川派の総帥となり師匠の豊国を継いで、「美人画と役者絵は三代豊国(国貞)に限る」との評価を得、名実ともに同時代のトップに君臨した。
初代歌川広重と合作した「双筆五十三次」においては、三代豊国が歌舞伎役者などの人物を描き、広重が風景を描いている。
武者絵の国芳、風景画の広重に対し、顔絵の国貞とも言われた。

成田山開帳参詣群集図
¥9,000 

成田山開帳参詣群集図

三代歌川豊国(初代歌川国貞)

成田山の不動明王は弘法大師空海自らが開眼した。成田山は平将門の乱を平定するため寛朝大僧正が不動明王を遷座した場所に開かれた。初代市川團十郎が成田不動明王を演じてから成田屋を称した。これが歌舞伎の屋号の始まりとも言われる。三代豊国(初代国貞)の人物画、芝居絵は当時、大変な人気を博した。前列右から...

詳細を見る
¥9,000 
手ちぎり越前和紙 ワイド版ポストカード17
¥300 

手ちぎり越前和紙 ワイド版ポストカード17

Cool Art Tokyo

浅井コレクションの歌舞伎絵・江戸絵・明治期それぞれの浮世絵のワイド版ポストカードです。手ちぎりの越前和紙に超高精細印刷を施し、和紙に近い特別な手触りの逸品に仕上げました。全24種類ご用意いたしました。 初代歌川国貞 《荒馬吉五郎 剣山谷右ヱ門》

¥300