フィルター

初代歌川広重

初代歌川広重

寛政9年(1797)生、安政5年(1858)没
歌川豊広の門人。一幽斎または一立齋とも号する。当初、豊国に入門しようとしたが、一杯で断られ、豊広に入門した。
師である豊広の没後は、風景画を主に制作した。
天保4年頃、東海道の風景を描いた、「東海道五拾三次之内」を発表して、風景画家としての名声を確立した。
広重の風景画は、「まるでその場所に訪れているよう」と言われ、評判を得た。
他に、「名所江戸百景」、「京都名所」シリーズなども有名である。
広重の作品は、その大胆な構図とともに、青色の鮮やかさでも知られており、ヒロシゲブルーとも呼ばれた。これは輸入物のペロリン藍を使用したものだが、西洋の印象派の絵画などにも影響を与えた。

手ちぎり越前和紙 ワイド版ポストカード15
¥300 

手ちぎり越前和紙 ワイド版ポストカード15

Cool Art Tokyo

浅井コレクションの歌舞伎絵・江戸絵・明治期それぞれの浮世絵のワイド版ポストカードです。手ちぎりの越前和紙に超高精細印刷を施し、和紙に近い特別な手触りの逸品に仕上げました。全24種類ご用意いたしました。 初代歌川広重 《東都名所 霞が関の図》

¥300 
東都名所霞が関の図
¥200,000 

東都名所霞が関の図

初代歌川広重

「霞が関」という地名の由来には諸説あり、日本武尊が蝦夷に備えて設け、雲霞を隔てる地であったことからつけられたという伝説がある。また江戸期以前の奥州路の関名によるとも言う。江戸時代は諸大名の上屋敷が立ち並んだ。この絵は、一幽斎の落款をもつ広重初期の傑作「東都名所」の中でも、特に美しい秀逸な作品で...

詳細を見る
¥200,000