源頼光公館土蜘作妖怪図

¥200,000 
SKU 289

日本が誇る奇想の絵師、国芳の代表作のひとつ。源頼光が配下の四天王と共に土蜘蛛を退治した時の絵に見せかけて、時勢を風刺している。時は水野忠邦による天保の改革時で、将軍家慶と忠邦を頼光と四天王になぞらえて、幕府の厳しい緊縮政策に苦しむ民衆をユーモラスな妖怪たちで表している。国芳はしばしば幕府から苦言を呈されたが、めげなかった。

 

RAIKOUとは

歌川国芳、初代歌川広重、歌川国貞(三代豊国)といった高名な絵師の作品や、日本の歴史教科書などに掲載された有名な浮世絵など、価値が高い作品を、最高級品質で実現したシリーズです。

最高級な複製画技法で、色合いや、髪の毛などの繊細な描画、絵具の盛り上がりなども忠実に再現しています。

江戸、明治期と変わらない、越前和紙の質感もお楽しみください。

世界のコレクターにお勧めの最高品質シリーズです。

 

制作過程

https://coolarttokyo.com/pages/manufacture?curr=jpy

 

※額は別途ご購入いただけます

https://coolarttokyo.com/collections/pictureframe/products/gakusou-raikou-3