東都名所霞が関の図

¥200,000 
SKU 198

「霞が関」という地名の由来には諸説あり、日本武尊が蝦夷に備えて設け、雲霞を隔てる地であったことからつけられたという伝説がある。また江戸期以前の奥州路の関名によるとも言う。江戸時代は諸大名の上屋敷が立ち並んだ。この絵は、一幽斎の落款をもつ広重初期の傑作「東都名所」の中でも、特に美しい秀逸な作品である。

 

RAIKOUとは

歌川国芳、初代歌川広重、歌川国貞(三代豊国)といった高名な絵師の作品や、日本の歴史教科書などに掲載された有名な浮世絵など、価値が高い作品を、最高級品質で実現したシリーズです。

最高級な複製画技法で、色合いや、髪の毛などの繊細な描画、絵具の盛り上がりなども忠実に再現しています。

江戸、明治期と変わらない、越前和紙の質感もお楽しみください。

世界のコレクターにお勧めの最高品質シリーズです。

 

制作過程

https://coolarttokyo.com/pages/manufacture?curr=jpy

 

※額は別途ご購入いただけます

https://coolarttokyo.com/collections/pictureframe/products/gakusou-raikou-3